読み物:郷の味便り
ホーム 郷の味便り
まるか食品がお送りする郷の味情報と時節ご挨拶を交えた読み物です。写真をクリックすると拡大画像が別窓で表示されます。画像をクリックすると閉じます。
  • 郷の味 するめ天 新パッケージで登場
    (2011/03/31)
郷の味 するめ天 新パッケージで登場
今も昔も尾道のあちらこちらで愛され続けている『するめ天』。
『するめ天』のふるさと広島県尾道市を舞台にしたNHK連続テレビ小説『てっぱん』が放送され、尾道は今や日本中から注目を集めています。ドラマの中でも取り上げられている尾道焼き(尾道が発信する広島風お好み焼き)に欠かせないものがあります。『するめ天』です。生のいかより、歯ごたえや甘味があり、ソースにもよく合います。

当社は尾道でその『するめ天』を作り続けて、今年で50年を迎えることになりました。

江戸時代、尾道には北海道から北前船によりするめや昆布が集まりました。昭和に入るとそのするめを焼いて伸ばし、フライにしたものが町の惣菜屋さんで売られるようになり、やがて庶民の味となりました。『いか天』は家庭のおかずや子どものおやつ、学校給食にも出され、尾道で生まれ育った人には、幼少のころから食べ親しんだふるさとの味なのです。

このたび、この『するめ天』を、装いを新たにし、皆様にお届けすることになりました。新しくなった『郷の味 するめ天』を今後ともよろしくお願いいたします。

商品ご購入はこちらから…

するめ天を使ったレシピはこちら…

そのまま食べてももちろんおいしいですが、ちょっとした工夫でお料理にもお使いいただけます。





掲載日: 2011/03/31 担当:岡田 陽子
ページ先頭へ戻る
まるかのおすすめレシピ
イカ天瀬戸内れもん味・のり天瀬戸内すだち味
まるか食品株式会社