イカ天造り
- PROCESS -

原材料

イカ天の主な原材料は「イカ」「植物油」「小麦粉」
【イカ】肉厚のスルメイカの胴部分はイカの旨味が濃く、焼くことで香ばしい香りがひろがります。
【植物油】パーム油、米油にゴマ油を少量加えたオリジナルブレンド油、「米ぬか」から作られる米油はクセがなく素材の風味を活かす日本ならではの植物油です。
【小麦粉】厳選した小麦粉をブレンドしたオリジナル粉を一定期間低温で寝かせて使用しています。

ローラー工程

肉厚のスルメの胴部分を先ずは焙焼し、熱々の状態で圧延ローラーを繰り返し通して薄さ0.7㎜まで伸ばします。天然のスルメは1枚ごとに厚みが違うため、ローラーの圧力を手作業で調整して平均化しています。

フライ工程

フライヤー(天ぷら鍋)は自動給油機能があり、加熱による植物油のAV値の上昇を一定に保ちます。また、約10m5分のフライ時間の中で最初は高温、中間でやや低め、終盤に再度高温で揚げています。揚げ温度の調整で衣はサクサク、中はしっとりと火が通り、美味しい天ぷらに仕上がります。

ISO9001認証工場

国際規定にのっとり、工程ごとに品質管理項目を設定し、管理記録を取る事で安全な製品管理を行っております。どうぞ安心してお召し上がりください。

みなさまのお手元へ

できたての美味しさをお届けするために、まるか食品は一部商品を除き、受注後に生産いたします。

工場見学の様子はコチラオンラインショップはコチラ