会社案内

工場見学

子どもたちの「おいしい!」が私たちの元気

小学生の工場見学

「小学生・中学生に尾道の味を伝えたい。」
まるか食品では、食品がつくられる過程を実際に見て、工場で働く人の言葉を聞いて、できたてのイカ天やのり天を食べて学べる、工場見学を実施しています。売りはとにかくお腹いっぱい食べてもらうこと。本当にできたて、あっつあつのイカ天やのり天は、いつも食べているものとは全く違うおいしさで、子どもたちに特に喜ばれています。

もちろん、食べるだけでなく、重さを自動で計算するかしこいバケツや、油が500リットル入る巨大な天ぷら鍋などの設備も見られます。
また、「どうして瀬戸内にいないするめイカを尾道で加工しているか?」などの疑問も、古い尾道の歴史を紹介しながら学んでいただけます。

手を消毒して入場
手を消毒して入場
包装室を見学中
包装室を見学中
大事なことはメモ!
大事なことはメモ!

工場見学フォトスナップ

4F衣づくり

衣づくり 従業員1

衣を作る時は、その日の天気が重要です。気温と温度で水の量を調整して、常にサクサクの食感にしています。
小麦粉はまるか専用につくっていて、少し寝かせて熟成させています。

衣づくり 従業員2

衣づくり 機材衣は一度に50キロ分作ります。大きい鍋に小麦粉25キロ、水を40リットルと調味料を入れて混ぜます。衣は温めてはいけないので、冷たい水を使っています。

3Fフライヤー室

フライヤー室 従業員1

フライヤー室は約15人が働いています。主な仕事は「するめを焼く」「するめをのばす」「するめを切る」「するめ、のり、野菜を天ぷらにする」「天かすをつくる」。できあがりを確認するので、いつも試食してお腹いっぱいになります。

フライヤー室

フライヤーは全部で7本。
【0号機】スーパーサブ、いそがしい時は何でもつくります。
【1号機】主に天かすをつくります。
【2号機】主にのり天をつくります。
【3号機】主にちいさいイカ天・のり天をつくります。
【4号機】主にイカ天をつくります。
【5号機】主に大きいイカ天をつくります。
【6号機】やわらかいイカ天をつくります。

フライヤー室 従業員2

するめは0.7mmまでうすーくのばすのがまるかの特徴です。天ぷら鍋には500リットルの植物油が入っていて約5分180度でフライします。揚げ時間と温度を変えて、やわらかい食感やサクサクの食感にします。

その他施設

その他施設 従業員1

まるかには他にもいろいろな施設があります。
機械のメンテナンスも大切です。

排水処理場

排水処理場

イカ天をつくる時に使う水には小麦粉が混ざります。ここでキレイな水に戻します。水道水のようにキレイになります。

油タンク

油タンク

大きいタンクで16,000リットル入ります。痛みやすい油を空気から守ります。

冷凍・冷蔵庫

冷凍・冷蔵庫

するめは冷凍でまるかに入ってきます。溶けないように冷凍庫で保管します。

遠心分離機

遠心分離機

揚げたての天かすには熱い油が入っています。そのままにしておくと火がついて燃えてしまいます。
この機械で洗濯機のようにグルグルまわして油をとばします。

小麦粉サイロ

小麦粉サイロ

大きいタンクで高さが6mあり、15トンの小麦粉が入ります。空気に触れないように守っています。

1F・2F選別・包装室

1F・2F選別・包装室 従業員1

選別・包装室には約30人が働いています。
きれいな商品だけを選んで袋詰めします。スピードも大事、選別も大事、目がとても大切です。

1F・2F選別・包装室

穴があいたもの、揚がりすぎて赤くなったもの、くっついたものなどをはねます

自動計量機

自動計量機

選別したイカ天を20個のバケツにながします。どれとどれを合わせたら良いか、自動で計算して下に落とす、まるかで一番かしこい機械です。現在4台設置しています。

自動計量機

賞味期限 確認下で袋に製品が落ちてきます。キャッチして袋を閉じます。賞味期限は絶対に間違えないように常に確認します。

箱詰め

袋詰めの後は箱詰めします。
数を間違えないよう、賞味期限が間違っていないか、確認しながら詰めていきます。

新工場

新工場 従業員1

新工場では、天かす・のしいか・かんろいかをつくっています。
センパイからきびしく指導いただきながら、まだまだ勉強中です!

天かすをためるタンク

天かすをためるタンクです。
1本に1000kg×3本あります。いそがしい時は3本では足りなくなります。

新工場 従業員2

天かすの選別には最新の機械天かすの選別には最新の機械をつかっています。色を自動的に判別して、揚がり過ぎのものをのぞきます。
すごいわよー!

自動計量機

のしいか・かんろいかのしいか・かんろいかは昔ながらの商品。原料はイカの耳と足です。昔はするめ原料が耳・胴・足のついたするめだったので、フライは胴、耳と足はのしいか・かんろいかにしていました。
今は胴だけの原料ですが、根強い人気がありますので、耳と足だけを仕入れてつくっています。

工場見学基本情報

料金 無料
駐車場 普通車20台、大型バス2台
見学可能時間 月?金曜日 10:00?12:00
見学不可期間 繁忙期(3,4,7,8,11,12月)、土・日・祝日、GW、お盆、年末年始
アクセス ・山陽自動車道「尾道IC」より車で5分
・「JR新幹線新尾道駅」より車で10分 アクセスマップはこちら>>
受け入れ人数 80人(1回40人で2回まで)
所要時間 約45分
見学内容 ビデオ放映、フライヤー室・包装室の見学
食事施設 なし ※試食はあり。おみやげ即売も準備可能。
トイレ あり
車いす 申し訳ありませんが、工場内バリアフリーとなっておりませんので、車いすの方は別室待機となります。
写真撮影 禁止

工場見学のお申込み・お問い合わせはこちらまで※予約希望の場合は1ヶ月前までにご連絡ください

TEL/0848-48-5585[月?金 9:00?17:00]